読者レビュー

“溝口さんの本を読んでいると、まるで自分やだんなさんを見ているみたい(笑)。 そうだよね、こうやって前に進んで行けばいいんだよね。 うんうん頷きながら読んでいました。”

2011-12-07 08:08:42

[ 「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵] by いろいろ楽しむのもいいんじゃない?

“本書で書かれている内容は非常に科学的で合理的です。ところどころに挿入されるChaptre PointsやCommentaryでは著者が数々のカウンセリングの経験を通じて得た知見や、カウンセリング・セラピーの分野の理論的な意見が多く書かれていて、精神分析の専門家の意見を聞いているようです(実際にそうなのですが)。精神的、霊的なものを扱っているように見えながら、その実、中身は理論や経験に裏打ちされているため、信頼性が高く、なるほど、と納得の行く内容になっています。”

2011-12-07 08:05:56

読書日記316:「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 by溝口あゆか: 書評:まねき猫の読書日記

“とにかくダメなことを自分本位であげつらっていくと人間キリがありません。そんなことよりも、「確かに、ダメな部分もあるけど、別にいい部分だってある」「ダメな部分に気がついてる私はわりとイイと思う」と自然に肯定的に自分をとらえられるようメソッド式で書かれているこの作品は、本当に読者にとって寄り添ってくれる応援書籍といえると思います。”

2011-12-07 08:05:18

爽快!読書空間

“簡単に書かれているぶん、ちょっと抽象的な感じがして自分的には理解しにくいところもあったんですが、それでも最後にはちょっと幸せな気分になり、物事にやる気が出てきたところが不思議です”

2011-12-07 08:04:27

「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 溝口あゆか : 通勤書棚

“ここで言う「セルフ・ラブ」とは、自分のことを好きだという思いのことです。そのままの自分を好きだという思い。著者は、それを、自分の中に最初から存在している愛だと言っています。しかし、実際には、それをブロックしてしまう要素がたくさんある。そのブロックを外して、「セルフ・ラブ」の気持ちを育てていきましょうと言っているのです。”

2011-12-07 08:02:51

本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] : 「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 - livedoor Blog(ブログ)

“独身女性の恋と仕事の物語ベースで語られているので、同じ立場の人は共感できると思います。 私はすでにその次期は通り過ぎたのですが、「ある、ある」とうなづいてしまいました。 「このままの私でいいの?」とか、「なんか違う!」と思っている女性には、お勧めの本です。”

2011-12-07 08:01:38

【書評】「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵…ってなんだ? | 独断的書評 | yukirun from Kyoto 京都より愛を込めて

“わかりやすくてとても勉強になりました。普段このような書籍をまったくと言っていいほど読まないので、とても新鮮でした。  著者の溝口あゆかさんは、ヒーリング・カウンセラー。スピリチュアルな観点から人間の心のしくみをご教授なさっているそうです。  なので本来なら精神治療の分野になるであろう内容をとても平易で優しい文章に変えていらっしゃるので 、内容にすんなり入り込めたし興味深く読めた。”

2011-12-07 08:00:07

【献本 「わたしはわたし!」 セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵】溝口あゆかBIBLIO HOLIC

“この本では、セルフラブ習得のための15の鍵を紹介しています。 私が一番参考になった鍵は、鍵5の「この状態でどんな自分だったら好きになれるかを考える」というもの。 物事がうまくいかないとき、私たちは自分のことを否定的に見がちです。自分に落ち度がない時でも、自分で自分を攻めてしまうこともあります。ですが、こんな状況で、どんな自分でだったら、私が私を好きだろう?と問いかけ、そう振舞ってみることで、自己否定がなくなり、流れをポジティブにすることができるといいます。”

2011-12-07 07:46:10

「この状態でどんな自分だったら好きになれるかを考える」というマインドハック: 子供と一緒に大きくなろう

“副題に「15の鍵」とあるように、15個の提案がある訳ですが、その中で私の心に一番残ったのは、「正しさよりも幸せを選ぶ」と言う内容。 自分の意見が100%正しいとしても、相手から見たら、100%ではないことも多々あるもの。 そういう時に、どうしたら、自分も相手も幸せになれるかを考えるのです。 ”

2011-12-07 07:41:54

修子の本棚: 「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵(溝口あゆか・2011年)

“正しさは「思考」、幸せは「気持ち」。ああ!なるほど。  「正しい」からといって、それが「正しい」とは限らないんだ!  これは深い言葉です。”

2011-12-07 07:39:53

213-35.恋とは奪い合い続け 愛とは与え続けてくこと〜「『わたしはわたし!』セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 」を読了:読 書 感 動 文:So-netブログ

“筆者の溝口あゆか氏は「スピリチュアル心理学」という学問を開拓した方で、今の自分をいかに肯定して、前に進んでいくか、ということを「セルフ・ラブ」という概念から実践している。”

2011-12-07 07:36:50

書評:「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 - とりあえずなんですけどね

“自分を変えるのではなく、そのままの自分でいい。 この本を読んで、上手に幸せを実感できるようになれる そんな風に思いました。 幸せになるエッセンスをこの本からたくさんもらえました。”

2011-12-07 07:34:07

*・☆キラキラJewel box ☆・* *幸せの見つけ方*

“実際にどこがいいのかって言うと、さやかさんっていうOLさんのケーススタディーみたいな内容になっていて、 事例で具体的に書いてあるのでわかりやすいところ。 考え方だけ書いてあると、読み違えとかあっても気がつかなかったりするけど、実例が丁寧に説明されて いるので、ここはこう考えればいいんだとか気がついたり、意外と細かいところで考え違いなんかして いるところがあるのに気が付いたりして、どう考えればいいか正確にわかるのでカウンセリングとか受けた ことはないけど、そういうのに近い感じがする。”

2011-12-07 07:31:14

「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵/ 溝口 あゆか - ゆらゆら転々

“幸せというものについて 「スピリチュアル心理学」 という技法をつかって わかりやすく書かれています。 本自体も カラフルで 挿絵もおおく読みやすい本です。”

2011-12-07 07:28:03

 僕の問題は誰かが解決している

“本書はとてもわかりやすい。  そのくせ臨床心理学の偉人・ロジャースのことやフォーカシング志向心理療法、はては『奇跡の学習コース』のことなどにも触れられていて、その内容はかなり広いのかもしれない。なのに読みやすくて分かりやすいんだからすごい本だな。”

2011-12-07 07:26:07

鏑木保ノート: 【書評】『「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵』溝口あゆか・ジュリアン

“「セルフ・ラブ」はすべての人の中に同等にあること、今もしそれが欠けていると思っても関係なく幸せになれることを伝えています。自分を変えるのではなく、自分の中にある「セルフ・ラブ」を育てて大きくする手助けになるのが本書。”

2011-12-07 07:22:59

『「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵』 著/溝口あゆか|【営業のコトバ屋】本の抜粋書評使えるコトバをあなたに!

“表面的にでなく 本当に心の深いところで自分のすべてを認めてあげると ちゃんと いろいろなことがうまくいくようになって 幸せになれるのである 自分の内側から沸いてくる自信があれば うまくいくように感じる 幸せを感じられるようになる ということだと思う ただ それにはちょっとしたコツ『幸せの鍵』がある この本の中で挙げられている鍵の数は全部で15 特に大きな悩みがあるわけではないけど パッとしない日々を送っている 30才独身OLのさやかさん この架空の人物さやかさんが幸せになるまでの物語を追いながら 15の鍵についてわかりやすく解説してくれている ”

2011-12-07 07:16:45

【献本】「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 溝口あゆか - あなたのすきな本は何ですか?

“架空の女性を主人公にしたショートストーリーをベースに、セルフ・ラブについてのポイントが次々に紹介されていきます。このストーリーは結構良く考えられているというか、日常の中で有り得そうなシチュエーションということはもちろん、「そんなに上手くいきっこない」という部分も加味された内容だと思います。ストーリーの中でよく登場する掛け合いについては、哲学系のそれに似ている部分、自らの思考について多面的に捉え推敲を深めていくような流れを感じました。文章自体は平易なのでより理解しやすいかもしれません。”

2011-12-07 07:10:02

「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵【読書レビュー】 « HPSTYLING BLOG

“「なにをするべきか」ではなくて、「なにをしたいか」が大切。理屈より感情。そのことを改めて感じることができただけでも、本書を読んでよかった。何にしろ言葉で理屈を並べ立ててしまうクセがある私。「自分の気持ち」をじっくりと感じることを大切にしたい。”

2011-12-07 07:06:59

晴れ、ときどき読書

“本書を読んで一番感じたのは、コーチングを受けているような感覚に似ているということ。 また、一人の女性の身近な体験(誰しも感じたり、味わったことがある)をもとにしているため、非常に共感できるストーリーになっています。それに対する、「不思議な言葉」が何を言わんとしているか気になり、読むスピードも自然とあがります。 働く事が何だかつまらないなぁとか、やる気がわかない方は是非とも読んで欲しい一冊です。”

2011-12-07 07:06:12

レビュー:「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 | 読んだ本 | Kouichirou.jp

“一時期大ブームになり、テレビでスピリチュアルの番組がない日はないってくらいだったけど、著者のスピリチュアルは、そのようなスピリチュアルとは違い、押しつけがましさを感じませんでした。 スピリチュアルはひとつのきっかけにすぎないんだ、といった雰囲気でしょうか。”

2011-12-07 07:04:39

「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 〜献本いただきました。 from N

“日頃から多くのストレスを抱えながら 「自分には何かが足りない」「お金が足りない」 あれもこれも足りない だから幸せになれないんだ と考える人に対して、架空のストーリーで 「今のままで幸せになるコツがあるのよ」 と、ひも解く構成になっています。 んが、 実はこれがキモなんじゃないかと思ってる 最後の章に書かれている(ここが凄く気になる) 「真理」とは何か ”

2011-12-07 07:01:27

「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵 溝口あゆか スピリチュアル - ベストセラー書籍レビューブログ こはる日和

“自分と向き合う朱鷺に使えそうなことが分かりやすく載っていました。自分で自分の感情に疲れないために大切なことが、心理学ってよく分からない人にも分かりやすい本だと思います。 ”

2011-12-06 08:12:00

幸せに生きていくためのヒントが書かれた本 | My Life Goes On